映画を書くと頭が疲れる

観るものです。

『さらば、愛の言葉よ』3D(2014年)の、3Dメガネという視覚補正メガネについて

前回はお騒がせ致しました。
今回は映画の記事です。

f:id:stevenspielberg:20180330235459j:plain
監督:ジャン=リュック・ゴダール

3Dメガネは、立体視できない映像を立体視させるためのメガネです。
私は視力がよくないので、映画はメガネをかけて見ています。なので、3D映画を見る時は、メガネをかけて、その上に3Dメガネをかけて見ています。
なにかしらの映像をちゃんと見るために、2つも器具を装着しないと見れないわけです。

何の話かというと、『さらば、愛の言葉よ』3Dの、左右で違う映像が見える印象的な3D効果が斜視を連想させ、度々現れる過剰な色味の映像が色覚異常を連想させ、この映画が用いる効果には視覚障害を人工的に補正している感があるなと、ふと思いついたという話です。

そもそもスクリーンに映る映画を裸眼で立体視出来ないのは、視覚障害ではありません。
視覚障害ではありませんが、3D映画を3Dメガネをかけずに見ると、とても見辛いダブった平面映像が見えます。
この3D映画の、3Dメガネをかけずに見ると見辛いダブった平面映像が見えるということから、逆説的に観客を視覚障害者として捉え、視覚補正メガネとして3Dメガネを用いたのが、『さらば、愛の言葉よ』3Dなのではないかと思うのです。

3D映画を「観客の視覚障害」と捉える視点とは、どのようなものなのでしょうか。
それは、あくまで映画は平面視するものであるとする立場から、「映画がダブって見辛い?君は目が悪いんだ。メガネをかけて見なさい」と言っているように思えます。
映画はおかしくない。こちら(観客)の目がおかしい。だから3Dメガネという視覚補正メガネをかけなくてはいけないわけです。
しかし実際には、観客の目はおかしくありません。

あくまで映画は平面視するものであるとする立場とは、3D映画を平面視できる場合に限り映画として捉え、スクリーンに見辛いダブった平面映像が映る原因を、観客の視覚障害にあるとし、視覚補正メガネとして3Dメガネがあるとする立場です。
この場合、『さらば、愛の言葉よ』3Dにおいて映画と見做されるのは、3Dメガネをかけずに見た時にスクリーンに映る見辛いダブった平面映像か、立体映像内の平面映像ということになります。
前回の『さらば、愛の言葉よ』を書いた記事の中でも触れたのですが、この映画にはスクリーンいっぱいの鏡に男女の交わりが映し出される印象的な場面があります。そして、ここだけ立体映像でありながら、鏡に映る像ゆえに平面視が出来ます。とすると、『さらば、愛の言葉よ』3Dで映画と見做されるものでまともに見ることが出来るのは、この鏡に映る像のみなのではないでしょうか。

確かに鏡は、2D・3Dともに平面視のできる、動く像を映し出します。
このことを、映画とは鏡像であるから立体映像は映画では無いと捉えたらいいのか、立体映像の中にあっても尚、ゴダールが定義する映画というものが存在する証明として鏡像を捉えたらいいのか、ちょっとまだよく分かりませんが、3D映画を撮ったから3D映画に肯定的なのかと思ったら、どうも違うようですね。
3D映画に反応して、3D映画を否定する為に、立体映像の中に鏡像という映画を映し出す映像作品(なんて形容すればいいのだろうか)を撮るとは凄いですね。
最初見た時は、わけのわからない映画だなと思ったのですが、こうやって気づいてみると、映画の潮流に対して映画で答えを出していたことが分かりました。
常々、映画監督って科学者っぽいなと思っているのですが、3D映画の登場によって眼医者感が出てきました。